産後の体型維持は本当に難しい!!

当サイトは妊婦さんの妊婦さんに教える産後の体の変化に注目して様々なコンテンツを書いています!
妊婦さんに必要な葉酸や妊娠線の悩みなども含めてたまごクラブや様々なWebサイトから情報を得て勉強しています!

 

葉酸に関してザックリと

ベルタの葉酸サプリ【参考】など葉酸は厚生労働省推奨の合成葉酸を摂取することを当サイトではオススメしています!

 

体型変化に一番気になる妊娠線!クリームのかぶれない塗り方を元妊婦が教えます!

 

 

妊娠中にどんどん大きくなるお腹に合わせて、皮膚が引っ張られて行きます。
これと同時に乾燥が起きると妊娠線が現れやすくなります。
一度できてしまうと出産後も消えないので、妊婦さんは妊娠線ケアを早めに行う方が良いでしょう。

 

 

できるだけ早い時期から行うことがお勧めですが、大きくなってきたかなと感じる4ヶ月頃には始めましょう。
ケアに必須である妊娠線クリームですが、たくさんの種類が販売されており、どの商品が合うのか判断することが難しいですよね。
特に肌に合わないものを選んでしまうとかゆみやかぶれが出たり、湿疹が出る場合もありますのでかゆくならないものを探しましょう。
妊娠線クリームの選び方ですが、以下の点に注目してみてください。

 

・無添加で肌に優しい成分が配合されているかどうか
・保湿成分、美肌成分が配合されているかどうか
・柔らかく、伸びが良いかどうか
・コストパフォーマンスが良いかどうか

 

 

 

そしてネット環境がある方は口コミなどで肌が弱い人でも使用できるか調べてみることも必要です。
大体は赤ちゃんでも塗ることができるような優しい成分のものが多いですが、妊娠中はあらゆる刺激に敏感になっているので普段は肌が弱くない人でも気をつけることが大切です。
そして妊娠線クリームを塗る上で大切なことは、たっぷりとクリーム塗ることです。

 

 

お腹だけではなくおっぱいや足にも妊娠線ができることがあります。
この部分にもなるべく塗るようにした方が良いので、なるべくコストパフォーマンスが良いものを選びましょう。
妊娠線クリームの塗り方ですが、かゆくならないかどうかかぶれないかどうかを確かめるためにも、お腹にいきなり塗る前に腕や手に塗って様子を見てみましょう。
しばらくしてかぶれないようであれば、お腹に塗ってみましょう。
塗って違和感がある場合はすぐに洗い流してください。
そして塗る際に大切なポイントがあります。

 

 

まずは手でしっかりと温めてから肌に塗ることです。
手で温めることで妊娠線クリームの浸透率が上がり、肌への負担も軽減されます。
両手でしっかりと擦り合わせて温めて柔らかくしてから塗りましょう。
そして次に大切なポイントが肌にそっと触れるように塗ることです。
あまり強い力で塗ってしまうとお腹に負担がかかり、痛くなってしまうこともあるかもしれません。
お腹の赤ちゃんのためにもリラックスした状態で優しく撫でるように塗りましょう。

 

 

お母さんの手がお腹に触れるときっとお腹の赤ちゃんも喜びます。
かゆくならない、かぶれない妊娠線クリームを選んで気持ちよく体のケアを行いたいですね。

 

 

2015/12/28 16:25:28 |
産後は体の大きな変化を身をもって感じるのではないでしょうか。産後直後は上の方にあった子宮が出産とともに胎盤が出され、子宮の収縮とともに出産前の位置まで下がってきます。出産後はすぐに三時間おきの授乳やオムツ替えなど、体を休めたくてもゆっくりとできることはありません。産後約1ヶ月程の産褥期は無理なことはしないで安静にすることが大切です。 産褥期を終えて体が妊娠前の元の状態に戻った時に最初に気が付くこと、それは体型の変化です。妊娠、出産という大変な大仕事をしたのです。体は妊娠、出産を機に大きな変化をします。母乳育児の方ほど体重が戻りやすい、減りやすいと言われますが、それでも骨盤の広がりは気になります...
2015/12/28 16:21:28 |
妊娠中、ある程度体重が増えることは、むしろ必要な事で、当然、産後、赤ちゃんがお腹の外に出ても、増えた分のお腹周りの肉は、すぐに元通りになるわけではありません。産後、育児疲れや母乳育児で何もしなくても痩せる人もいますが、多くの人は、すぐに運動ができるわけではなく、赤ちゃんの育児で家にいる時間も激増し、体重が減らない、お腹周りの肉がなくならないと悩んでいる人の方が多いでしょう。だけど、焦ってはいけません。産後は自分が思っている以上に体が疲れています。急いでダイエットを始めたりせず、充分に体を休ませて、1年かけて体形を元に戻すくらい、気長に取り組んだ方が安心です。まずは、産後すぐから骨盤ベルトを付け...
2015/12/28 16:16:28 |
出産というのはとても大きなエネルギーを必要とするものです。その役目を終えるとまた女性の体は元に戻ろうとする。しかしその過程で無理な事をしてしまうと、後々まで影響が残ると言われています。そんな産後の女性の体、どうすれば産む前のように元通りの体に戻すことが出来るのか、いくつか例を挙げて説明していきたいと思います。まず体重が思いの外増えすぎてしまった人は、産後すぐからというのは負担が大きいのでオススメはできませんが、三ヶ月ほど経った頃からでもダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。育児をする際の授乳や抱っこ、産後の体にはとても堪える重労働です。授乳に関してはたくさんの栄養を必要とし、そのためにお母...
2015/12/28 16:11:28 |
産後の体型にショックを受ける人は少なくないのではないでしょうか?帝王切開で出産だったために術後2日位はベットに寝ていることが多く、あまり動くことが出来ませんでした。そして術後のドレーンなどが取れてから、5日目にシャワーを浴びることが出来たのです。病院のシャワー室には、大きな鏡がありました。妊娠しているときは鏡を常にチェックすることが習慣になっていました。鏡を見ながら、妊娠線は出来ていないかなどを確認していたのです。そして術後も当然鏡があればチェックをします。その時にあまりのたるんだお腹に驚きました。全体の皮が余っている感じなのです。そして指で押すとその分中に吸い込まれていきそうなのです。産後の...
2015/12/28 16:08:28 |
3年前に子供を出産しましたが、出産をするまでに産後どのようなガードルを履くべきか、全然決めていませんでした。雑誌などでは産後に必要なものとして矯正のガードルなどがよく取り上げられていますよね。興味はあったのですが、実際にどのようなものが自分にいいのか。またサイズ自体が想像できずに選ぶことが出来なかったのです。そして実際出産をしてみてたるんだ下腹部に愕然としました。下腹部だけではありません。胃の上のあたりの皮も伸びてしまったようにたるんでいるのです。マッサージをしたら皮膚の張りなどが戻って来るとは聞いていましたが、やはり何か体型を戻すために使用した方がいいなと感じたのです。そこで出産して入院中に...