産後は無理せずに、気持ちに余裕を持って過ごしましょう。

souga

出産というのはとても大きなエネルギーを必要とするものです。
その役目を終えるとまた女性の体は元に戻ろうとする。
しかしその過程で無理な事をしてしまうと、後々まで影響が残ると言われています。
そんな産後の女性の体、どうすれば産む前のように元通りの体に戻すことが出来るのか、いくつか例を挙げて説明していきたいと思います。

 

まず体重が思いの外増えすぎてしまった人は、産後すぐからというのは負担が大きいのでオススメはできませんが、三ヶ月ほど経った頃からでもダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。
育児をする際の授乳や抱っこ、産後の体にはとても堪える重労働です。
授乳に関してはたくさんの栄養を必要とし、そのためにお母さんはしっかりと栄養の摂れる食事をたくさん食べなくてはなりません。
お母さんが食べることを制限するという方法は赤ちゃんに対しても悪影響ですので、避けましょう。

 

生後から少し経ってくると赤ちゃんも起きている時間が少しずつ長くなってきます。
ご機嫌にしていてくれるといいですが、泣く事も赤ちゃんの仕事。
泣けば抱っこを繰り返すのは一番長くそばに居るお母さんの仕事になってきます。
その抱っこ自分の体を戻す為にも有効的に活用する事を考えてみましょう。
例えば抱っこしながらスクワット、普段の抱っこにゆったりとした動きが加わると、赤ちゃんも喜びます。
あとは抱っこ紐など持っている場合は、家の中でも抱っこ紐に入れて家事をする。
赤ちゃんの重さが程よい負荷となって、階段ののぼりおりや、掃除機をかけるなどの動きでお母さんに筋力がつきます。

 

しかし、これらもやり過ぎるとまたお母さんの体に負担となってしまうので、自分の体と相談しながら無理のない程度に進めていくとよいでしょう。

 

産後の悩みといえば、抜け毛、これに悩まされるお母さんも多くおられる事かと思います。
しかし産後の抜け毛というのは、一生続くというようなものではありません。
半年ないし、一年程度でまた抜けるのがピタッと止まる時もやってきます。
ですから、あまり深刻に考えずにストレスに感じずに過ごすという事が何より大切です。
もし、どうしても気になるのなら育毛シャンプーなど植物由来のものや無添加のものも売られていますので、そのようなものでケアするのも一つの方法ですね。

 

産後は赤ちゃんお世話や、家事と育児との両立でお母さんに想像以上のストレスが溜まっていたりするものです。
ですから、無理な事はせずにゆったりとした気持ちで過ごすようにしてくださいね。
焦らず、時間が出来た時に自分のケアを少しずつ始めていければいいのではないでしょうか。