海藻類は髪にいい?本当のところを考察!

ワカメなどの海藻類は髪に良いと良く聞きますが、本当のところはどうなのか知らない人は多いはずです。実はワカメの様な海藻類を食べると、髪が生えてくる、フサフサになるといった事はありません。

 

 

医学的にもデータ的にも何の根拠もない話しで誰でも知っているからこそ落とし穴になる部分です。

 

 

 

ビタミンやミネラルといった栄養成分はあるものの、大量に摂取したところで髪に良い影響を与える事はあるとは言い切れず、無駄になっている可能性もあります。

 

 

何故、ワカメが髪に良いと言われたかと言うと健康な髪を作るために必要な栄養が沢山含まれており、ツヤのある黒髪を生成するのに適しているからなのです。健康な髪を作るなら海藻類やワカメは髪に良いと言う意味になり、結果的に髪を生やす効果と勘違いされた訳です。そうは言っても髪が生えてくるために必要な栄養成分がない訳でもなく、食べ物の中に髪に適した物がある訳でもないのです。そのため、海藻類を大量に食べるだけよりも他の栄養も一緒に摂取し、しっかりとした治療を受けたりストレスのない生活を心掛ける事も大切です。当然ながら、食生活だけでなく生活習慣も規則正しい様にしないといけません。

 

 

髪を生成するのに必要でなくても海藻類にはヨードや亜鉛といった髪の毛の成長を促す成分はきちんと含まれています。

 

 

海藻類を食べれば生えてくる訳ではないにしろ、しっかりと成長を促す栄養は入っています。髪の毛の主成分はたんぱく質なので、海藻類以外も摂る様にしないといけませんが、ワカメ、ひじきの様に亜鉛とヨードを含む食品も摂った方が無難です。結局、髪の毛の促進を高めるためには海藻類とたんぱく質を含む食品を一緒に摂る事が大切なのです。海藻類は確かに必要な栄養素を含みますが、それだけでは駄目で、一緒に摂る食品を覚えておかないといけません。